mai’s diary

ブログ初心者の日記です。肩の力をぬいてご覧くださいませ。

宣告

「私は 貴女(あなた)が 人の子であると信じたい。」

遠く離れた現実は 幻想にしか見えない。

 

近くにある 年輪を重ねると共に 築き上げてきた 絆が

もうすぐ 長い長い旅を 終える 宣告をされたのに

f:id:tmai643:20161005174620j:plain

遠く離れた幻想を それでも まだ 追うの??

既読のつかない SNSの 返事をいつまで待ってるの??2日目ですよ。

どうして 電話で話さないの??

幻想だからでしょ??

 

そこで 幻想が終わったなら 私 笑顔で おめでとうの祝杯あげるって いったでしょ。

 

貴女が かけた 色眼鏡 外させるのは 難しいね。

今が 気付きのタイミング。

ここだけは 間違わないで欲しい。

 

それでも幻想を追いかけて行ったなら 私 貴女を許すこと もう できないと 思います。

 

「私は 貴女(あなた)が 人の子であると信じたい。」

 

以上 ランチタイムのガールズトーク 一部比喩なお言葉で お届けいたしました。

f:id:tmai643:20161005181255j:plain